カツオを目指して花を活ける記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
案外いい奴
急に寒くなって、さっそく風邪をひいていました。
もう巷ではインフルエンザが流行し始めたそうです。
皆様もお気を付けください。

2週間前にいつもお世話になっているSachiさんの個人セッションを受けさせていただき、そしてワークショップも参加させていただきました。
相も変わらず他人様に八つ当たりしたり、怒りをぶつけたりという行動を繰り返していました。
私は他人から馬鹿にされている、攻撃されている、嫌われていると言ってずっと怒っていました。

私は親から馬鹿にされて、攻撃されて、嫌われていると思ってます。
ずーーと。
母は私を、演出する道具の様に扱っています。
幼い私が居れば、周囲から大変ね大変ねと可哀そうがられて、いろいろしてもらって。
そんな母の道具でした。
私がわがままで友人が出来なかったり、周囲とトラブルを起こすのも彼女にとっては周りに「大変ね」という言葉を貰って、あなたは素敵なお母さんなのに不思議ね…と言わせていました。
私が吐いたり、風邪で動けなかったりすれば母が周囲にそれを言って大変ねって言わせていました。


残念だけど、私が幸せに、元気に過ごせるように母は望んでいなかった。
訊けば、きっと望んでいると答えるでしょう。
でもやっている事は違いました。

そういう人なんです。
御嬢さんでお姫さんな人なんです。
いつでも主役な人なんです。
しょうが無かったです。

母が嫌いです。
あの人の道具でいなければいけない理由は、今は無いです。
私は母が周囲からもらおうとしていた言葉を本当の私だと思っていました。
「わがまま」「(風邪とかをひいて)役に立たない」「キレる」「気分やで扱いづらい」・・・・

私はそうでなくても良かったんです。

母が嫌いな、自分を認めるのが嫌でした。
スピリチュアル的に早く感謝しなきゃ、愛さなきゃと思っていました。

私は本当はどんな人間だったんだろう。
セッションでは私は、もともと「あんがいいい奴」だと自分を認識していたことが分かりました。
天然だし(よく言われます)。
今私は自分がどうであるかを選べるという事が嬉しいです。

本当にありがたいです。

個人セッション・ワークショップ
resonance:



スポンサーサイト
page top
Child aid live vol.3 美女と悪魔の競演 -デーモン閣下
日曜日にデーモン閣下とLive moonダブルアクトの児童虐待防止のライブに行ってまいりました。

閣下すごい!雷電さんすごい!チームワーク満点のDKB48の素晴らしいライブでした。
どの曲もすごく胸に響きます。
児童虐待防止の意識を少しでも高めることを目的としたライブですが、すごく楽しみました!

ダブルアクトのあかねさん(Live moon)も美しかったです~。
アンコールでは閣下のアルバムMYTHOLOGYでお二人がデュエットされている「Medleyさんちゃご ~神の王国をつくれ ~なぜに奪われし光 」を歌われました。わーい!
Youtubeでもきけます→Medleyさんちゃご
これは閣下が作詞した劇団☆新感線Musical「SHIRO」の曲です。
閣下の美声~////
本当に素晴らしかったです。
そして最後は「太陽がいっぱい」大好きです!!

途中閣下が毎週コラムを書いている週刊ゲンダイ(?)の原稿を読み上げました。
結婚も子供もいない私ですが、本当に子供が健やかに成長できる世界になるようにまずは意識を向けようと思いました。
閣下のおかげで考える機会を与えていただきました。
私の出来る事をしていきたいと思います。

デーモン閣下児童虐待防止キャンペーン 記事
デーモン閣下のオフィシャルHP

MYTHOLOGYMYTHOLOGY
(2012/05/16)
デーモン閣下

商品詳細を見る


聖飢魔ⅡHP(最近リマスター版続々発売!)
ドラムでご参加雷電湯沢さんもいらっしゃる聖飢魔Ⅱ…すごいです。


page top
甘やかされた事
7/30 7/31にブログ甘やかされて甘やかされて2を書きました。
今この件について書きます。

長々と私の頭の思考の変遷を書き、「甘やかされてよかったじゃん」という結論でしめました。
…間違っていました。本当にお恥ずかしい。

私は今現在も甘やかされて良かったとはまったく思っていません。

毎月参加させていただくワークショップで私は人に注意する時に、自分も出来ていないのに注意できないと話しました。
Sachiさんがご自身はという形で
「責任として注意する。相手がそのままで幸せであるか考がえる注意する。」
と話してくださいました。

また私自身がやっている事は
「私は治す気はないので、あなたにも注意しません」
「見逃します。だから見逃せ。」
という事だと。

ワークショップ後私は会社で部下に注意しました。
そして私が業務に対しても部下に対しても不誠実であった事を実感しました。
本当に無責任でした。

私は注意される時に
「注意された、何か諭されている」= 「ダメだって言われている。否定された。 酷い人だ。こんなことになるなんて甘やかした親が悪いんだ!なんとかして注意されることを回避しなければ!」
という被害妄想を発動して怒っていました。
全部間違っていました。

思い返しますと注意している時の私は、部下の行動の修正を望んでいるただそれだけでした。
相手自身がダメなのではなく、行動や傲慢な考え方が間違っていると言っているだけで、修正されればまったく問題だと思っています。
誰が(私も含め)同じ行動をしても、同じように注意し、同じことを望みます。


ワークショップでご一緒している方から「お相手の幸せを考えればどうすべきか分かるはずです。」とのありがたいメールをいただきました。
私は今後、自分を甘やかさないで、注意し修正します。

両親が私を甘やかして来たことと、私が我儘で傲慢な人を人とも思わない行動をとることに関係はありません。
学校の先生や、友達、本、そして注意してくださいる社会の良識ある方々の言葉を私が受け入れず、修正する事をしなかった。ただそれだけでした。
とても有りがたい事なのに本当に申し訳なかったです。
ごめんなさい。

今でも、この瞬間も、一度も失われることなく私は大事にされ愛されています。
ありがとうございました!

ワークショップ
Sachiさんが毎月一回開いて下さっております。
笑いあり、驚きありの素晴らしいワークショップです。

ブログResonance
Sachiさんのブログです。
幸せに生きていくためのたくさんの教えが分かりやすく、そして楽しく書かれたブログです。
page top
世界名作絵本
先週 蕨市の機まつり(はたまつり)に行きました。
姪を背負ってあちこち露店を廻って楽しかったです。

hatamatsuri.jpg


そこで姉の家にある世界名作絵本の話になりました。
実家が手狭で姉の家に送ったのですが、懐かしいねえと話しました。
アンデルセンやグリムの童話がランダムに入った絵本でした。

一冊に5話くらい入っていて、挿絵は話ごとに違って影絵作家の藤城清治氏の綺麗なイラストなどとにかく画面が綺麗で子供のころ毎晩、母に一冊だけという約束で読んでもらっていました。

何の話が一番好きかという話になり、姉が
「豆の上に寝た姫」
私が好きだったのか…??でも一番先に思いつくのは
「パンを踏んだ娘」

ちなみに豆の上に寝た姫は、本当のお姫様は羽根布団の下の下に入っている豆も気になって眠れないほど繊細だぜ。
って内容の話で、姉は何度か豆を布団の下に忍ばせてチャレンジしたそうです。
結果はすこぶる良く眠れたよとの事。
なにやっとんじゃ。

パンを踏んだ娘は恩知らずの心の貧しい娘がお見舞いに持たされたパンを自分の靴が濡れない様に、水たまりを渡るために飛び石替わりに入れて踏んで、水たまりに引きづりこまれてずーーーと水の底で後悔する話です。
「くらーーいくらーーい沼の底ずっと娘は後悔している。」がラストのセリフだったような…。
怖くて、水たまりには絶対入らないし、沼とか怖かった!


姉は「覚えてないよ~。それ「赤い靴」じゃない?なんだかしらんけど赤い靴でずううっと踊るの、ありゃあ息が切れて大変だな~と思ったよ。」との事。
赤い靴も良くしてくれたおばあさんのお葬式にどうしても買ったばかりの赤い靴が履きたくて履いちゃう恩知らずで自分勝手な話でしたっけ。
話が嫌で、バレエ映画で有名な話だけどその映画も見てない…。

あとは、絵が綺麗だった「赤ばらちゃん白ばらちゃん」とか、「空とぶかばん」とかを私は覚えてて、姉はお姫様ものをいろいろ覚えている様でした…。
同じもの見てても、覚えているものはいろいろでした。面白いな~。


その後この話を書く前に、パンを踏んだ娘を調べたら…。
いろいろ違う!!

娘はお見舞いに行くわけではなく、貧乏な生家に行くのでした。
貧乏な家から、お金持ちの家に働きに出てそこで良くしてもらって。
お屋敷の方に、たまには実家に顔を見せに行ったら良いわ、とお休みをもらって。
嫌だけどいい服を着て上品になった自分を見せびらかしに行こうと出かたのでした…。
しかも一回目は汚れた家族にうんざりして顔を出さず、2回目にパンを持たせてもらって、綺麗な服と靴を用意して貰って出かけていって、沼でパンを踏んで沼底に落ちたんです。

しかもずううっとそのままではなく、優しい少女がその話を聞いて涙して、年老いて天国に行っても神様の前で涙して…その姿に心うたれた天使が沼の底の娘を小鳥にしたのでした。
小鳥は街で与えられるパンくずを全て他の小鳥に分け与え、そのパンくずが踏んだパンの大きさになるころ、カモメになれておしまい…。

あれ…??カモメになってお仕舞??そうだったっけ…。
とにもかくにも記憶ってあいまいです。

なんか記憶より娘が生生しくってそして、かもめ…淡々とした終わりで底くらい…。
なんか落ち込んだ…って、私こそなにやっとんじゃ。

ちなみに作者アンデルセン先生です。



page top
感謝しろ2
桃を食べて自画自賛的にありがとう~なんてやっていたら、ご機嫌でなんだかとても楽しい気持ちに。
あーーありがとうって言われるのって嬉しいな~!!なんて思っていました。

母に感謝されないでいいのか??と自分に問い合わせてみても、「いいのいいの!だっていっぱい言ってたよ。なんだか気づかなかったけど。気づきたくなかったから、聞いてなかったけどもう充分言ってもらったんだよ」って。
そうだよな~。
まったく。

じゃあ、感謝されたりして良いの??それOK??
それでありがとうって言われていいの??
「ありがとう~」って…なんかひっかかる!!

2年前くらい、今はもういない職場の人に、「ありがとう」って言ったら、「何がですか??」って言われて。
脳内被害妄想スイッチが押された。
「あんたのためじゃないわよ。何勘違いしてんの??あんたなんかのために動かないわよ。勘違いしないで。好きでやってんのよ。
って言われた気がした。
うわーーいやだったよ!すんごい焦ってムカついた!腹立った。今思い出しても、お礼言ってなんでキレられなきゃいけないのよ~って腹が立つ!


そして思い出した。
そうだ「ありがとう」って言う事聞かせるために言われた言葉だ。
何かやる前に「ありがとう、これ持ってきて。」とか、「ありがとう、静かにしてて。」とか…。
母が良く使ってたと思う。

もう!どこで仕入れてきたのよその手法!!
だいたいありがとうで、やって欲しい事がサンドイッチにされてててなんだか、ムカムカする!

そんなことが続いて、あるとき、「ありがとう」って言われた時は「またお願いね」って言われた気がした。
はあ!あんたのためじゃないんですけど?好きでやったことですがなにか?またやれって強要するの??
そう思った。



本当に嬉しいありがとうは言われて嬉しい!今回すごくそれを感じた。
桃美味しかった。嬉しかった。

でも、「こうして」そしたら感謝してあげるわよ、ほめてあげるわよのありがとうは腹立つ…。
でも見分けなんて付けてなかった。今回のありがとうが今までと違う感じがしてやっと「あれっ」って。

そしてやっと気づいた!

「ありがとう」=何かを強要する言葉

そうかだから、ただありがとうって言いつづけるのは腹立つのだ!
一万回とか十万回とか本当にムカムカしながらやったの。
でも怒りがたまっただけだった。
自分で自分に向かって「いう事をきけーーー」ってヒステリー状態だったもの。
すんごい納得!

ここで再度あれっ??って
子供ころ言われたありがとうって本当にそんな意味のありがとうだったの??

さらに2年前の事を思い出して、あれあれ??って。
あの時は私彼女が私のためにやってくれたことじゃない事知っていた。
だけど、彼女のしたことで私はとてもラッキーな結果が得られたからだから「ありがとう」だった。
母のありがとうだってそんなありがとうがいっぱいあったんじゃないか??
私が好きにしたことで彼女が嬉しかったそんなありがとうが…。

ありがとうって言われて「はあ!?何が!?」ってキレていたのは私でした。本当にすみません。


そしてそもそも、ありがとう+お願いっていう手法をとったのも…

「口うるさくも怒らないようにしていた母は、私に何かお願いする時に「気持ちよく」「強制された気にならないように」ありがとうって言っていた。」じゃない??

それはさ、母の目いっぱいの気遣いだったみたい。
愛だね…。まさかの愛だね…。なんだか下手くそだったけど…ちっと仕入れた新手法取り入れてみちゃったんだね。
よかれと思って。あああ~母。
そんな人ですよね。
すみません。もう娘はすっかりひねくれてたんです。そんな気持ちを逆恨みするほど…

これからは私、嬉しいありがとうをたくさん言おう、言われよう。
ありがとうって物事を頼まれたら、お気遣いいただいた気持ちを受け取ろう!(頼まれたことを引き受けるかは分かんないけど…

あっそうそうもう一つの引っかかり。
でも、何にも頑張んなくても言われていいの??
人の為には何もしてなくても言われていいいの?

…いいんだって思った。
私そのつもりなくても役立ってることあるかもしれない。
相手にそのつもりなくても私誰かのおかげで私幸せもしれない。

だからいるだけで、ありがとうって言われていいんだなあ。

いるだけで、ありがとうって言いたいなあ。


ありがとう。とても嬉しいです。
しかし本当に私ばかだな~~。

© カツオ道場. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。