カツオを目指して花を活ける記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
甘やかされて2
なんでトランスフォーマーから、親の話になっちゃったかって言うと…。
甘やかされて

「被害妄想ボタン」のお話をSachiさんから伺って、そのボタンを押す瞬間気づきたい!って毎日すごしていたんです。
相手がどうだって私は、私たちは、被害妄想スイッチをほぼ無自覚で押して、自分の中のストーリーを生きてて、それはそれは自分好みのメロドラマをやっていて。

めっちゃ押してるんだろうな~でも気づけるかな~なーーんて悠長に思っていたら、まあ、毎度毎度「あんなこと言って酷い」「あんなこと言って私を責めているんだわ」「アーいう態度なのは私に不満があるので、私に不足があるのね!ヒドイ!」とかとか、えらいこっちゃでした。

たとえば
笑ってご機嫌に話している時に
「楽しそうなところごめんなさい、ちょっと先日やってもらった件ミスがあったんだけど。」
と言われただけで、
「調子に乗るなって責められた!!ミスしたくせに笑ってるんじゃない!!って言われた。もうぜったい楽しそうになんかしないから!!反省してればいいんでしょ!!」
とか
「(何か違うものをみて)ああ甘やかしてますよね。どうかと思いますよ。」
と言っているのを聞いただけで
「にがにがしく言った!甘やかされたやつを責めている!私を責めている!人間として下に見られている。軽蔑されいる!!甘やかされた人間=ダメ人間って言われた!私ダメ人間って言われた!」

えー私の中の小さいおじさんが「きーー!!きっとそうに違いない!私は分かったんだ!そうなのだ!」と大暴れなんです。いやーーーもう笑える!!

私が脳内で「そうなのだ~。」って言っている事が被害妄想です。
誰も何も言ってないのに自分が

「調子に乗るな!」
「お前はミスする人間だ!」
「ミスする人間に笑う資格ない!」
「反省も出来ないのか!」
「甘やかされたダメ人間だ!」

って言っていたのです…。


そもそも、調子にのっちゃだめって誰が決めたんでしょう。
ミスする人間って誰が決めたんでしょう。
ミスする人間に笑う資格なしって誰が…
反省できないって誰が…
甘やかされたダメ人間って誰が…

ええーーーい!もう全部私が決めたんですよ!!!

調子に乗ったっていいよーー。
ミスしたっていいよーー。
笑いたければ笑っていいよーーー。
反省したかったらしなさいよーー。できますよーーーー。
甘やかされていいよー。
ダメ人間でもいいよー。

って叫んでみた。

「甘やかされる=ダメ人間って」私の頭にこびりついてました。
妹に向かって「あんなに甘やかされて、碌な大人にならない」って呪いをかけ続けていました。(ほんとうにごめん…)
私が子供のころに周りの大人が、何か誰かに対して、わがままだとか、変だとか、嫌だ、見下すとき、理由を「甘やかされて育ったからだ」と言っていたから、採用して、これを絶対のルールとしていました。
私がどう考えても甘やかされていたことが分かった後、甘やかした親に怒りました。

私は貰っていない人間から、十分すぎるほど貰っていた人間になったのに。ダメ人間にされたと怒りました。
貰ってないって立場の方が良かったってしがみついた。
もっとちゃんとしつけしてくれれば良かったのに!いっそ甘やかさないでいてくれたら良かったのに!って…

…甘やかされた事とダメ人間は=じゃないのかも。
甘やかされてよかったのかも。
だって私幸せだった。

甘やかされたことを良かったこととして受け入れたら、いっぱい思い出が押し寄せてきました。
私が決めたひねくれたルールで私に×を付けていたけど、それは間違えていたのかも。
親に可愛がられていいよいいよと言われた子、全員がダメになっているわけもないし…。
かっこつけて、不幸がって、受け取らなかったのは私でした。

私は目に入れてもいたくないほど可愛がられて、甘やかされました。
ダメ人間と関係はなかった。ありがたかった!ありがとう!よかった。
なんだかそんな着地点に来ちゃいました。

甘やかされたことを言い訳には出来ないよね。
いっぱい甘やかされてある日「自分で!」って元気に巣立っていく事だってできるし。
甘やかされた、良かった!って思ったら、なんだか満タン感が!

あーーーあたし甘やかされちゃったなあ。(笑)

私きっとこれからは、甘やかされたら嬉しい気持ちになる。
いままでは、甘やかされたら当然で気づかないか怒るかのどっちかだったけど(わーーこれこそダメ人間)感謝しながら味わって、あふれたらいいなあ。

どんなに変わった特別な親に育てられたのか??と、思い返してみますと…本当に普通の親でした。
トランスフォーマーの主人公の両親のような、普通のおじさんとおばさんに不器用ながらもめちゃくちゃ可愛がられ、甘やかされました。

…やっとつながった。読んでくださいましてありがとうございました。
スポンサーサイト
page top
甘やかされて
29日の土用の丑の日は妹のナイスリクエストでウナギをを食べれてハッピーでした

その前日日本橋三越の脇の路でトランスフォーマーのイベントに遭遇しました~。
すごーーい!オプティマーーース!!かっこいい~!
提灯かっこいい~!!

DSC_0228.jpg


映画1も続編も大好きなんです!
新作楽しみだな~。

自動車がニョロニョロロボットになって、グワーーって動いてかっこいい映画です。
絶対大画面で見るぞ!
ストーリーは、主人公が免許取ってパパに中古のイエローのカマロを買ってもらうんですが、なんと!それが勝手に動いちゃう。
機械生命体だったのです!そんでもって彼らの仲間も集まって、敵対する機械生命体から地球と人類を守るために戦うというストーリーです。(ざっくりしすぎ!詳しくはググってくださいませ)

何が好きってその映像も好きなんですが…思い起こすと主人公のパパとママが良いんです。
普通の本当に普通の両親で、人間が出来ているわけでもなく、たまには主人公を甘やかしちゃったり、良いように利用してみたり。決めつけてみたり。でもとっても普通で息子ラブの両親なんですよ~。
出てくるだけで存在がコメディー。でも愛情たっぷりの人たちなんです。

そんな映画を思い起こしてたら「あれこの人ら家の両親に似てない??」って思いだしてきて、
「なんだかとっても似てない??」「そうとしか思えない!!」って確信しちゃった!びっくり!

えーーーーーー!ずっと嫌だ嫌だと文句を付けていた両親=お気に入りのキャラクター??
衝撃だ~~
でも思い起こすに笑える思い出、満載のコメディー夫婦なところが、そっくり似てる!!

ああ、新作でも元気な彼ら会いたいな~。
観に行くのが楽しみです。
page top
うなぎ
昨日は妹の誕生日でした。
本人より「ケーキはいらないのでうなぎを!」というリクエスト!
三越で購入しました。

もちろん(?)自分の分も購入~ほくほく、ほろりとして美味しかったです~。
土用の丑の日にウナギを食べて幸せ~

unagi.jpg

新日本橋 高嶋家
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13018096/dtlmenu/

page top
もしかして~
先日のお世話になっているSachiさんのワークショップの間に「もしかして…」と思う事がありました。
それは母の事、私は母に「私の事を嫌いやがって!」と怒っているのですが、それも被害妄想だったかもと思ったのです。

根拠として母が「私を無視するから」というものがありました。

ワークショップ中「母が私を無視して」と言っている自分に、違和感を感じたのです。
(…本当に??)って。

子供のころ、私は母によく無視されたと感じていました。
駄々をこねた時やダラダラ何もやらない時や自分で着替えやなにかをやっている時なんかです。
母の(おそらく)堪忍袋の緒が切れるまで駄々をこねると母にいきなりぶたれたり、外に放り出されたりしました。
私が自分でやった事、蝶々結びや明日の準備なんかも眼に入れないようにしているように見えました。

母は姉にはがみがみとついて回って小言をいったり、「こうやるのよっ!!」て箸の持ち方をおしえたり、歯を磨いたり、髪をとかしたり、学校の宿題をやったり、明日の学校の準備をしたりしていました。

私はだいたいそれを見て箸の持ち方をおぼえたり、その他の事もやるようになっていたので(正しく出来ているかは別です)、あまり怒られた覚えがなく、強烈に駄々をこねてもあまり見られてないというか、見ないようにしていると感じていたのです。

そういえば、そういえば…。母は姉に申し訳なかったと言っていました。
がみがみ怒鳴って、いつも怒って。
可哀そうだったって。

もしかしたら、母は私に怒鳴らないように怒らないように怒られる様な事をしている時ほど見ないようにしていたのかも…。

私が嫌いだからじゃなくて、かわいそうな思いをさせないため??

母に聞いてみました。
「お母さんが私を、あんまり怒らなかったのは、姉ちゃんを怒りすぎて反省していたの?あんまり怒ると私が可哀そうだと思ったから??目に入ると怒っちゃうから、やばいと思った時はなるべく見ないようにしてたの??」

って聞いてみました。

母からの答えは
「姉ちゃんと時はいっぱい怒鳴って怒って、止めなきゃって思ったけど止められなかった。
カツオ仮ちゃんには、同じようにしないように必死で怒らないようにしたの。」

でした。
なんだ~。そうか。

母、とにかく私の事嫌いじゃなくて、ただ怒りたくなくて、私を可哀そうにしたくなくての行動でした。
「ごめんなさい。誤解していました。」

私がそういうと母の答えは。

「馬鹿ね~。ごめんね~お母さん怒りたくなかっただけだったの。ごめんね~そんな心配させて。ごめんね~。」

でした。
本当に私が馬鹿ですね~。ごめんなさいね~。ごめんね~。

「もしかして」は「そうだったのか~。」になりました。

saboten.jpg



かっこいいプロフェッショナル、そしてあまりの鋭さと愛に驚くSachiさんのワークショップについてはこちらから。
resonance
読んでびっくりすごいブログこちらです。
resonance blog



ありがとうございました。


page top
金魚
ゼリーもらいました!!
金魚です。

美味しかったです。

日本っぽいの好きだ~。
DSC_0110.jpg
page top
怒っているの?? この期におよんで疑問形??
怒っているの?って聞かれたら頭に来るんです。
図星で。

怒っているの?って聞かれたら頭に来るんです。
もう私怒ってません!!って

そんな低俗な、そんな未熟な自分じゃありません。
もっと大人だし、もっと清らかで無垢で…って。

自分で自分に怒ってるの??って聞いてみたら。
めちゃくちゃ怒ってました!!!
「怒ってるよ~ふざけんな!!
「私は大切にされてない!蔑にされた!」って。

これ誕生日の事でした。わたしが大切にされてないんだ。蔑にされたんだって決めたのは。

犯人は私でした。

私はその日自分の誕生日を皆が忘れていることを気づいていました。
本当は前の日からも気づいていました。
なのに私は両親を充分に怒り責めるためにじーーーっといらいら何も言わず、じーーーっと皆を監視して、そして夜の夜中に大噴火して怒って責めて責めてずっと責めたんです。

ひどーーーーい!私。
本当にひどい。

私の中の私は私にめちゃくちゃ怒ってました。
自分を大切にしてくれてたら、ママやパパに「今日は私の誕生日だよ。お祝いして」ってお願いしてくれたはずだ。
自分を大切にしてくれてたら、忙しそうなママとパパの代わりに楽しい誕生日にしてくれたはずだ。
私はこんなにイライラした。つらかった。本当に楽しくなかった。最悪な誕生日だった。ぜんぶおまえ(私)が悪いんだ!

犯人は私でした。
私は私に謝りました。「もうしません。人を責めるために私を利用しません。蔑にしません。ごめんなさい。」


この件実はスピリチュアルの勉強をし始めた時両親には謝ったのでした。
(本に許しなさいって書いていたから…)
わざとじゃないのに忙しかったのにすみませんって。
でもどうしてもむかむかおさまらなかった。
両親に謝ってもう終わりにしたのにおかしいなあ。
なんて私はしつこいんだと思っていました。(いや実際しつこいんですが)
そして、「いやいやもう怒ってないわ」って隠ぺいしました。
頑張って勉強してるのに怒っているわけないわって、ぎゅうぎゅう押し込んで、見えない見ない感じません!って。

そうか「誕生日を忘れられてそれを水にながして許してあげた自分」って思っていたんだ。
本当に本当の犯人は私で、私が私に対して謝らなければ終わらなかったんだ。
いつまでも怒っているこの私の一部に対して、私はコントロールできない自分として怒っていたけれども。
排除したかった、見なければ無いものにできると思っていたけれども間違いでした。
ずっとそれこそ無視していた。

謝るべきは私でした。

ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
そして無視してごめんなさい。

「誕生のケーキは丸いバターケーキでろうそくも立てて!鳥のもも肉と春巻きを食べます。」
(鳥もも肉ってくりすます??)
なんだかもうすっかり気が済んでいますが、がぜん誕生日楽しみになりました。
page top
どうなりたいの?何したいの?
小さい時の自分は、すぐ欲しがってすぐ手に入れる子だった。

あるって知っているものを欲しくなるんだもんね。

ブドウだってあるの知っていた。
めちゃめちゃ甘い事も、夏にお店にいっぱい並ぶってことも。
あるって知ってたよ。すぐ手に入ったよ。


そうなの!?
そうだったのか…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先月お世話になっているSachiさんのロングバージョンのワークショップでした。
毎秒毎秒今の自分であることを決断し続けている。
今が幸せで無いのならばずーーっとずーーっと。
そして自分が現実を作り出しててそれ以外ではなくて…誰のせいにも出来ることはなくて、自分の意志でしかなくて…。

今は何を目的にして生きているの??
自分にとって世界ってなんなの??
どうしたいの??どうなりたいの??

家の中で重要人物でありたいの。
ちょっとしたことで役立たずって言われている気がする。(被害妄想)

それでどうしたいの??まずどうしたいの??

ごちゃごちゃ言った私に、Sachiさんは「結婚します。」でしょって。
そうでしたそうだった。半年ごちゃごちゃ言って時間稼ぎしています。

私は最後にあわてて言いました。「結婚します。」「結婚しますでした。結婚します。」

そして、「そうだずーーっとずーーと決断し続けたらどうだろう、浅い決断でもやり続ければ潜在意識にはいっていくかも。」って考えた。
「Sachiさんも他の方もはじいているから物量作戦でもしないことにはって言っていたし」

自家生産物量作戦だ!
「結婚しました。」「結婚します。」「そんなことより結婚します。」「いやいやそれよりも結婚します。」
出来るだけ頭で呟き続ける。たぶん否定的な事や余計な事を考えている思考を押しのけるように。
部屋では声にだして。

そもそもなんで結婚しますって言っといて結婚しないって蹴りまくっているのか。
それもよくよく自分と相談だ。

いろいろ今までやらなかったことを棚卸してやってみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そしてほぼ一か月後、昨日はSachiさんのワークショップでした。

あ、私まだ一番欲しがってたものを「欲しくないんだから~」とか言っている。
ゆっとったぞ~
どっかから仕入れた「好きなら役に立てて嬉しい」とか思ってない、やったことない事いってみたり。

そして私悪玉菌だった。私にとって。
そして考えるの嫌いなおばかさんだった。おばかさーーーん。

よくよく自分と相談だ。脳内会議召集~
そんでもって、何よりまず結婚します。結婚しました。結婚して嬉しい!


こんな状態の私が紹介しても大丈夫か??私フィルターを通してわけわからなくなっているかも??
かっこいいプロフェッショナル、そしてあまりの鋭さと愛に驚くSachiさんのワークショップについてはこちらから。
resonance
読んでびっくりすごいブログこちらです。
resonance blog

ブドウ事件判明。個人セッションもご用意くださっています。

ありがとうございました。

page top
欲しい~欲しい~。 …ぶどうが。
というわけで…。
ぶどうゲットです。

ブドウ


あーぶどう欲しかった。満足!満足!
デラウエア美味しいです。

欲しがることは我儘な事でもずるいことでもなかったのでした。
欲しいって言わない様に我慢している自分はなんて謙虚で偉いんだって思っていました。
だから欲しいって言う人をわがままだと責めていました。
欲しいって思う、欲深い自分も嫌い、自分を我儘だと×を付けてました。
ばれちゃなんないって思って恐れていました。

そして人のもの(手に入れているもの)が羨ましくて羨ましくて。
妬ましくて…。

あーーーほんっと勘違い!していました。
拗ねて「欲しいって言ってやらない。出されたものは喜んでやらない」って誓った事は自分で幸せを遠ざける決断でした。
人から頂いて、人をコントロールして感謝しない自分で在ろうと決断したあの日。

欲しいのはブドウでした。

欲しいっていう人は素直で素敵。
そうか~それが欲しいのね、手に入ると良いね。入るよ。そしたらとても嬉しいね。良かったね。
手に入れていこうね。楽しみだね~。って。
欲しいって言ってワクワクしている人は良い感じ!

そうだな~今のところ私は、
「相性100%で、話してて面白い、私が「すごい素敵~一緒に居て幸せ~、居心地いいっ」て思う結婚相手」が欲しい。
「毎日楽しくて、結果が分かりやすくて、短時間で出来る仕事して、旅行にいったり欲しいものを手に入れる時間とお金があって、知ったことを楽しく話したり、聞いたりできる生活」が欲しい。

欲しいぞーーー。

(もっと一杯 あるんじゃないの~ (--)by心の声)

ラベルの張り替え。私が私に付けた×を○もしくはせめてどうでもいい△にしてくのが目標です。

出来ない自分
人に嫌われる自分
わがままで傲慢な自分
嫉妬深い自分
腹黒い自分
頭の悪い自分
要領の悪い自分
自分勝手な自分 …まだまだあるかな。
© カツオ道場. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。