カツオを目指して花を活ける記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
漫画の事 セッションの事
12月に入って本当に寒いです。

今月もセッションを受けさせて頂きました。
そこで親への執着が露見して、狼狽しました。
そして重要ワードは数分後には忘却の彼方になってることも分かり…。
このセッションを自分の幸せの為にいかそう、自分が何やっているか理解して、これからどうするか今決めようと決意しました。
私の結論は親との絶縁です。

先月の個人セッションの前に宿題で読むようにと勧められた漫画がありました。
「彼氏彼女の事情」という白泉社から出ている漫画です。全21巻。文庫化もされています。
優等生を演じていた少女が、ある少年と出会い恋愛をするうえで仮面を脱いで自分らしく幸せに邁進するお話です。
(詳しくはアマゾンのあらすじをどうぞ)

彼氏彼女の事情 全21巻完結セット (花とゆめCOMICS)

その中で登場人物の一人である少年(高校生)が自分の親に対して「ああ、自分の親はダメなんだ。」と思うところがあります。
社会を知って、自分がきちんと社会の一員として生きていく努力して行くうちに、親がそれを妨害してくること、そしてまったく彼らが自分が幸せになることを望んで無い事を知ります。
彼は最後には親には何も告げず家出&放浪の旅にでます。


そして最後にはこれまたもう一人の少年が親を捨てます。
彼は酷い虐待を受けてそして心に深い傷を負います。
彼は踏みにじられ続けた愛する気持ち、傷つき続けた小さいころの自分を抱きしめ。
はっきりと「親を捨てるよ」と決意します。
酷い親ですから攻防がありますが、彼は戦って自分の人生を勝ち取ります。

とても人気があり文庫化もされている作品です。

私は親に気持ちを踏みにじられ、手足をもがれ砂糖漬けにされ生きてきました。
やってもやっても喜ばれないのに(そういうことじゃないんだよって言われる)やり続けてきました。
希望通りにやっても喜ばれない(だから言ったのにとか、ハジメからやればいいのにとか言われため息をつかれる)。
周囲と上手くいかないという話をすると嬉しそうに話を聞いて(大丈夫?可哀そうに。大変ねー。あなたはわがままだから~。悪く言っちゃいけないわ~けど、周りの子もきつい子ばっかね~。(私はそんなことになったこと無いし、周りは皆良い人だけど))と言う。


親の機嫌を損ねないように生きることが、思いやりを持って生きていることだと信じていました。
今まで何よりも親を優先して来ました。
結果私は被害妄想の幸福感を感じない、人間無人島人間になりました。
その先にはいつか親への感謝が湧くときが来るかもしれませんが…自分の幸せの為に私は親を捨てます。

Sachiさんのセッションはこちらから
HP→resonance HP
ブログはこちら →resonance blog
スポンサーサイト
© カツオ道場. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。